アイランドキッチンについて

 アイランドキッチンのアイランドとは、「島」という意味です。壁から離れた場所にシンクや作業スペースが配置されているキッチンのことを言います。



それ自体がポツンと独立しているので周囲にスペースがあり、歩いてキッチンを1周できてしまうようなイメージですかね。

リビングやダイニングにいる人と対面できるというキッチンでもあります。


アイランドというのは、少し壁から離れていてもアイランドなのですが、正直周りにはそれなりのスペースは欲しいところですよね。



このキッチンの最大のメリットは、何と言っても開放感ですよね。
壁付けキッチンに比べると、調理スペースも多くて効率的に料理ができるようです。
デメリットはニオイですかね。。。



また、クローズドキッチンと異なり、全体が見渡せるため、ペニンシュラと同様にキッチンにいる人が孤独にならずに調理ができるところも良い点ですね。




ペニンシュラ同様リビングのテレビを見たり、遊んでいるお子さんと話したりしながら調理できるのが理想です。

「魅せるキッチン」を演出できるのがアイランドキッチンの一番の特徴ですね。




当社ではアイランドとペニンシュラの間みたいなのを造っています。

一つは油跳ねやニオイだったりの心配があること。もう一つは施工上の換気扇の関係かなあ

グルっと1周できるけど壁は付いてる・・・みたいな感じです。

言いようによってはいいとこ取りですね。





皆さまのお宅にも取り入れてみてはいかがでしょか。


コメント

このブログの人気の投稿

税金が戻ってくる住宅ローン減税って聞いたことありますか?

応急危険度判定士とは?

石岡市リノベーションN様邸①(キッチン編)