舗装がしてあって道路の形をしていても道路でない?場合があります。みなし道路他

見た目が6M位の幅員があって舗装されている道路だからと言って公道とは限りません.

もう一つ。道路に見えるからと言って道路とは限りません。何?って感じですよね。

道路と言っても種類が幾つかあって場合によってはとても複雑だったりします。



私が建売等の土地を購入する際に一番重要視しているのが、何を隠そうがこの「道路」です。簡単に言って公道・私道があり、たまに「みなし道路」というのがあったりします。

(※この辺は土地を購入する際に重要事項の説明で説明される部分ですので、詳しいことはセミナーとか不動産屋さんにご確認ください。)私道でも位置指定道路となっていないとか、私道持分を持っていないとか、色々状況がありますので注意してみましょう。

例えばどんなこと?

以前の号でもお話いたしましたが、水道を掘削する場合など、前面道路が私道で私道持分を持ってない場合は、他の皆さんのハンコを頂かないといけないってことがありますよ。人の土地を勝手に掘ったりしてはマズイですものね。

これはきちんと調べないと分かりません。

道路は舗装だから公道で、砂利道だから私道とは限りませんよ。きちんと調べることが一番です。私道の場合、後々のトラブルになったりすることがないよう十分注意をして下さい。




コメント

このブログの人気の投稿

税金が戻ってくる住宅ローン減税って聞いたことありますか?

応急危険度判定士とは?

石岡市リノベーションN様邸①(キッチン編)