意外な結果に唖然…東日本大震災時の保険会社の支払い状況について

 住宅を購入する際に加入する火災保険や地震保険についてなのですが、これは私がどうこう言うことではなくお客様自身で良くお調べになられてご加入された方が良いと思います。。


一つはその費用、もう一つはちゃんと払ってくれるのか?という点です。

東日本大震災後いろいろな話を聞いたのですが、同じく地震保険にも加入していた人がほとんど出なかったとか、保険会社によって出た所とあまり出なかった所の話を聞きました。

※当社や私自身も保険に加入しているのでいろいろな保険会社さんの保険に入っております。


当社のお客様の事例

当社で購入されるお客様のほとんどが銀行で加入するようオススメしています。

何故かというと銀行だと団体割引というのがあって、同じ保険でも銀行で入ると安いのです。保険はちゃんと数社のプランがありますよ。


ある保険代理店で働いていたお客様も会社に内緒でということで、その時はフラットだったかな?そっちの方が安いといってそちらから加入されていました。


話は戻りますが、そのお客様は銀行の団体割引を私は勧めたのですが、以前保険代理店で働いていたので以前の勤め先で加入するということになりました。


どこで入ろうともお客様次第ですし、お付き合いもありますからね。

※ただその保険会社は賃貸の保険で使っていた時から事故時の支払いが渋いので(出してくれない)私はお客様には今でも勧めていません。


そして東日本大震災がありお客様宅を回ったのですが、保険代理店で働いていたというお客様宅では玄関の下駄箱が外れてしまって修理にいったのを覚えています。


あるお客様宅はすぐ保険屋さんが来てくれて、折角地震保険に入ってくれているのだから今出さないでいつ出すんだ!という感じで家の方は被害がないので家財の方で結構だしてくれましたよとか結構入っていた人は保険適用になって喜んでくれた人が多かった記憶があります。



そしてそのお客様と別件でお伺いした時その保険の話になったのですが、結局地震保険はでなかったとのことでした。。。


その保険代理店で働いていたのだし、そこの保険に入ったのですから出してあげればいいのにと思いましたよ。。。


以前から渋いと思っていましたが、自分のところの人にも渋いとは正直思いませんでした。

でも本当の話なのです。


これ保険会社によっていろいろな傾向がありそうなので、今度は私自身が経験した保険の話もお話しますのでそのような話を聞いて地震の保険の検討材料にしてみてください。


どの保険会社も「同じ」ではないのです。




インスタグラムで当社の新築住宅・リノベーションの施工事例が見られます。







コメント

このブログの人気の投稿

税金が戻ってくる住宅ローン減税って聞いたことありますか?

応急危険度判定士とは?

石岡市リノベーションN様邸①(キッチン編)