後の金額に大きな差が!カーポート設置の注意点

 カーポートって脚を地中に埋め込みますよね。風にも強く作っておかないと

いけないですからね。


仮に当初設置する予定がなくても、後で設置するかも知れないので

その時の為にあらかじめ配管に注意しておいた方が良いと思います。



配管も最短経路で来ると金額面でも一番良いのですが、やっぱりカーポートを

付けたいとなった時に、脚を設置する下に配管があったりすると脚をずらさない

といけなくなってしまいます。※どうしても管を動かせない場合。


本当は境界ギリギリに設置できれば無駄がなくて済むのに・・・ってことの

無いように、はじめにその意思を伝えておくことをお薦めしますよ。

※付けるならこの辺と大まかな場所だけでもOK!


いろんなケースがあるので何とも言えませんが、初めに伝えておけば

建築家の方や工務店さんが対応してくれると思いますよ。


本当にちょっとした事なんですけどね。。。



このブログの人気の投稿

税金が戻ってくる住宅ローン減税って聞いたことありますか?

応急危険度判定士とは?

石岡市リノベーションN様邸①(キッチン編)